【楽器購入事例】「せっかくなら本管の龍笛で始めたい」とのご希望にお応え

初めてのMy龍笛本管を選ぶのはドキドキでもありワクワクでもありですね

初めてのMy龍笛本管を選ぶのはドキドキでもありワクワクでもありですね

 

最近「龍笛の本管を購入したい」というご相談が続いています。

今回ご紹介するMさん
雅楽は未経験ですが
「せっかくなら本管の龍笛で雅楽をはじめたいのですが、ダメなんですか?」とのご相談。

よくよく伺いますと
とある教室に見学に行ったら、そこの先生が厳しい方だったらしく
「最初はプラ管からですね!」と、バッサリ言われてしまったとのこと。

そんなことはありませんよ。
「最初にお気に入りの龍笛を手に入れて、
高いモチベーションで長く続けようとするのは、とても大事なことで、理想的ですよ。」
と、アドバイスさせて頂きました。

ほぼ雅楽未経験のMさんには
ビギナー向けのプラ管と
いろいろな本管の龍笛で
音が出せるかチャレンジして頂きました。

まずは息を入れる「歌口」への
・口の付け方
・唇の形
・息の出し方 などをレクチャー。
なんと、いきなり最初から龍笛を鳴らせる事が出来ました!

菊理の指導か、Mさんの素質かはさておいて
「最初から音出ました。やっぱり自分に合った本管が欲しいです」
と大喜びで、本管龍笛のご依頼を頂きました。

 

【お問い合わせからご購入までの流れ】 


①ご相談&お打ち合わせ

Mさんは菊理のホームページをご覧になり
「ここなら自分の気持ちを分ってくれて、願いを叶えてくれそう」
と思われ、お電話をくださったそうです。

Mさんのとても熱意のあるお話ぶりに
「では、菊理がプロデュースしているワークショップにお越しになりませんか?」
「そこでなら、いろいろお話もできますし、実際に本管という龍笛を見て
試し吹きもして頂けますよ」とお伝えしたところ
早速ワークショップにお越しになられました。

ワークショップではMさんに
イメージする龍笛の雰囲気や音色
ご予算などを丁寧にお伺いしました。

 

▷「本管龍笛の購入の流れ」についてはこちら→information

②本管龍笛の試し吹き

 

 

初めての龍笛本管選びは分らない事ばかりでしょうから、何でも菊理に聞いてくださいね。

初めての龍笛本管選びは分らない事ばかりでしょうから、何でも菊理に聞いてくださいね。

 

ワークショップでMさんから伺ったご要望や
Mさんの音の出方などを元に
楽器職人さんにお客様のご要望やご予算などをお伝えし
龍笛本管を何本か取り寄せ
実際にそれらを吹き比べて頂きました。

今回は15万円~25万円の新管から古管まで
様々な龍笛本管をご用意しました。

 

▷本管龍笛購入についてのお問い合わせはこちら→お問い合わせ

どうやらMさんは並んだ龍笛の中から選んだ一本に一目惚れだったようです

どうやらMさんは並んだ龍笛の中から選んだ一本に一目惚れだったようです

 

Mさんは一本一本じっくり吹き比べられてみえましたが
「これにします!」と、めずらしいタイプの古管龍笛を即決されました。

「ゆっくりお考え頂いていいですよ」とお伝えしましたが
どうやらこの古管を目にした途端、一目惚れされたご様子。
キレイな音もすぐに鳴り
相性の良い一本を紹介できたようで、菊理も大変嬉しく思います。

 

 

 【ご購入特典!】

さてお気に入りの龍笛が決まったら次は、

菊理からのご購入特典
マンツーマンレッスン(1回無料)のプレゼント!

 

▷「本管龍笛の購入の流れ」についてはこちら→information

Mさん、初めて着ける袴にドキドキ!

Mさん、初めて着ける袴にドキドキ!

 

Mさんは雅楽未経験。
まずは雅楽を楽しんで頂くことも大切と
「狩衣着付け体験」プログラムからスタート!

 

「狩衣って大きいんですね!」と初めて着る狩衣にビックリ顔のMさん

「狩衣って大きいんですね!」と初めて着る狩衣にビックリ顔のMさん

 

平安時代の貴族のカジュアルな衣裳「狩衣(かりぎぬ)」を体験!
「おひなさまみたい!」
と目をキラキラさせて喜んでいただきました。

  ←狩衣についての分かりやすい解説はこちらのブログもご覧ください

 

やはり狩衣を着て龍笛を持つとテンションも上がって気分も最高

やはり狩衣を着て龍笛を持つとテンションも上がって気分も最高

 

「お客様のスマホでの記念撮影」は
ワークショップでも大人気のサービスです。
今回は装束も着けての撮影ですが
正しい龍笛の構え方や
装束のあしらいなど
しっかりポージング指導付き!

格好良く「映える記念写真」は
ご家族やお友達に自慢できると大人気のサービスです。

普段から和服を着られるというMさん。
とても装束がお似合いです。

 

▷本管龍笛購入についてのお問い合わせはこちら→お問い合わせ

龍笛の持ち方、構え方はとても大切。最初が肝心、丁寧にご指導します。

龍笛の持ち方、構え方はとても大切。最初が肝心、丁寧にご指導します。

 

写真撮影を楽しんだ後は
・正しい龍笛の構え方
・吹き姿(姿勢)
・音の出し方(口の形)
・息の使い方(呼吸法) など
菊理オリジナルメソッド「龍笛の音の出し方」を指導。

菊理が一番大切にしている「基本」「基礎」を丁寧にレッスンしました。

 

すぐに龍笛の音を出すことができた器用なMさんは、初回から越殿楽のレッスンを始めました。

すぐに龍笛の音を出すことができた器用なMさんは、初回から越殿楽のレッスンを始めました。

 

「楽しくて時間の経つのがあっという間でした!」
とお喜びいただき、菊理もとても嬉しく思います。

 

▷本管龍笛購入についてのお問い合わせはこちら→お問い合わせ

初めて龍笛を持ったとは思えないほど、堂々とした吹き姿は、もう何年も雅楽をやってるみたいですね。

初めて龍笛を持ったとは思えないほど、堂々とした吹き姿は、もう何年も雅楽をやってるみたいですね。

 

Mさん、お気に召した龍笛で末永く雅楽を楽しんでくださいね。

。。。。。。

菊理が雅楽をお教えする生徒さんは、ほとんどが社会人。
・他にやってる人が少ない珍しい趣味として、気楽に楽しみたい。
・子育てが忙しくて、決められた日時に毎回教室に通うのは難しい。
・仕事が忙しいので、次々に新しい曲を教えられても、練習する時間がない。
など、忙しい毎日を送られている方ばかりです。

菊理は
「雅楽を気軽に楽しんでほしい」
「雅楽文化のファンになってほしい」
と願っています。

生徒さんに「毎日の練習」や「暗譜の強制」など
無理な要求や強制は一切しません。

また、定期的な教室に通うのが難しい生徒さんの為に
個人レッスンやオンライン雅楽レッスンも承っています。

雅楽の楽器購入や修理のご相談
レッスンについてなど親切丁寧にお伺いしますので
お気軽にご相談ください。

また、雅楽二重奏「菊理」は雅楽楽器の販売だけでなく
メンテナンス、修理も承っています。

 

雅楽二重奏 菊理 (kukuri)

0532-34-7150

090-2577-0958(担当:近藤)

お問い合わせフォーム