【衣裳販売】「みやびを気軽に楽しもう!」シリーズ①平安装束「袿」編

菊理は雅楽楽器の購入や修理のご相談を承っていますが
平安時代の装束衣裳「十二単(じゅうにひとえ)」や
「袿(うちぎ)」も取扱っています。

 

お姫様のルームウェアー「袿(うちぎ)」はこれでも軽装

お姫様の雅なルームウェア「袿(うちぎ)」

 

実は「十二単」は、正式には「五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)」と言い
「小袖(こそで)」
「長袴(ながばかま)」
「単(ひとえ)」
「五衣(いつつぎぬ)」
「打衣(うちぎぬ)」
「表着(うわぎ)」
「唐衣(からぎぬ)」
「裳(も)」
という多くの衣(ころも)から成る、平安時代の貴族女性の正装です。

平安時代のお姫様は常日頃
お部屋ではリラックスできる身軽な衣装「袿」で過ごし
逆に、お姫様にお仕えする女官は重々しい「十二単」を着ていました。

装束についてのお問い合わせはこちら

鮮やかな色柄の装束は見ているだけでも幸せな気分になります

鮮やかな色柄の装束は見ているだけでも幸せな気分になります

 

十二単はもちろん豪華で素晴らしい装束ですが
小袖、長袴、単、五衣、打衣、表着、唐衣、裳といった
多くの衣を揃えるとなると価格も大変高額になり
一人では着ることもできません。

 

菊理は多くの方々に
「気軽に平安の雅を楽しんでほしい」と願っています。

平安時代大好き
装束が大好き
装束を着たい方に

①一人で着られて
②気軽に着られて
③保管にもあまり気を遣わなくていい

・・でも、
④平安時代の雅を楽しめる♪

そんな貴女に菊理は
平安時代のお姫様のルームウェア「袿(うちぎ)」をおススメします!

 

装束についてのお問い合わせはこちら

華やかな萌黄色の表着と鮮やかな朱色の単の組み合わせはとても爽やかな雰囲気

華やかな萌黄色の表着と鮮やかな朱色の単の組み合わせはとても爽やかな雰囲気

 

袿は
①表着(うわぎ):上の写真では萌黄色の衣
②単(ひとえ):上の写真では朱色の衣
③白小袖(白衣(はくい)):単の下に着るもの
④袴(はかま):引きずる長袴 or 足首までの丈の切袴
の構成となります。

本来は正絹で製作しますが
扱いに気を遣わなくてよく
発色が美しいので写真写りがキレイで
何より価格を抑えられる化繊の装束を菊理はおススメします。

十二単と比べると、かなりリーズナブルに揃えられますよ。

装束についてのお問い合わせはこちら

薄ピンクの表着に萌黄色の単の組み合わせはとても可愛らしい雰囲気

薄ピンクの表着に萌黄色の単の組み合わせはとても可愛らしい雰囲気

 

緊急事態宣言が徐々に解除されていますが
もうしばらくは不要な外出を自粛したり
ソーシャルディスタンスなど慎重な対応が求められており
以前のような自由な生活はもう少しガマンです。

袿姿で優雅に小説を読んでみたり
百人一首や琴を弾いてみたり
投扇興(とうせんきょう)や貝合わせ
盃を少し傾けてみるのも楽しそう!

ソーシャルディスタンスを守りつつの「平安女子会」
ステキですね♪

 

装束は使用する生地や仕立て方によって価格が変わります。
ご興味のある方はぜひ、お気軽にお問い合わせください。

また、イベントで使用する装束をご希望のお客様も
お気軽にお問い合わせください。

 

菊理は
「装束がほしいけど、何をどのように注文して良いか分らない」
という方のために

「色柄」「仕様」などの細かな希望や
「ご予算」をお伺いして
「あなただけの一着」をお仕立てします。

「十二単装束」「袿」「狩衣」「直垂」など
時代装束に興味のある方
装束を手にしたい方
ぜひお問い合わせ、ご相談ください。

また、平安時代の装束「狩衣」のご案内を
ブログでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。
「チカと猫とオールドファッション」

 

雅楽二重奏「菊理」

0532-34-7150

090-2577-0958(担当:近藤)

お問い合せフォーム