【衣裳販売】平安装束「袿」の購入相談

菊理は雅楽を演奏する時に着る
「狩衣:かりぎぬ」や「直垂:ひたたれ」の販売をしていますが、

「十二単:じゅうにひとえ」や「袿:うちぎ」などの
平安時代装束も取り扱っています。

 

 

今回のご依頼は、
「イベントで着る平安装束を買いたい」というお客様から、
「袿」の購入相談でした。

本来は正絹製で高価な平安時代装束ですが、
「扱いが簡単で、価格も出来るだけ抑えたい」
というご希望から、

比較的安価な、
化繊の装束をお薦めすることになりました。

 

 

まずは大まかな価格帯や、
仕上がりまでの納期、
衣装の種類などをお伝えします。

しかし洋服と違い、
平安装束って実際どんな物かイメージしづらいですよね。
先日お客様とご一緒に、装束の下見へ行きました。

 

 

女性の平安装束は、襲(かさね)の
色の組み合わせを楽しむ衣裳です。

まずは袿の下に着る「単(ひとえ)」を試着。
朱赤、萌黄、薄黄、ピンク、、 さまざまな色柄があります。

 

 

そして、その上に「袿(うちぎ)」を羽織ります。
袿にも様々な色柄があり、
それぞれ特徴のある色合いに、目を奪われます。

「色見本や写真を見て注文するのかな」
と思ってみえたお客様ですが、

自分の肌の色や、髪の色と合うか、
実際の色目はどんなものか、
布の重さはどうか、 など
実際に試着してみなければ、分からない事がいっぱいです。
「試着できて良かった!」とお客様も大喜び。

いろいろな組み合わせで試着して、
大いに楽しんでおられました。

 

 

洋服と違い、
思わぬ色柄が自分と合う、
ということもありますし、
色んな衣装を着て楽しめることが
とてもお客様には好評で、
大いにお喜びいただいています。

 

菊理は時代装束の購入希望をいただいた際、
お客様と装束司さんの工房へ一緒に伺い、
色々な色柄の組み合わせを試着して頂き、
ご自分に似合うかどうかを
実際の衣裳を羽織って確かめて頂いています。

 

 

目移りしてしまって、
その場で決めるのは難しいものですから、
試着時に何パターンか写真をお撮りし、
お客さまにはじっくりご検討して頂きます。

菊理は時代装束にも精通しています。
ふだんの洋服と違い、
高価な装束を購入するのですから、
お客様に丁寧に説明し、
どんな小さなご相談や疑問にも、
納得いくまでご説明、ご案内をしています。

菊理は
「装束がほしいけど、
何をどのように注文して良いか分らない」
という方のために
色柄、仕様などの細かな希望や、ご予算をお伺いして、
ご希望通りの
「あなただけの一着」をお仕立てします。

「十二単装束」「袿」「狩衣」「直垂」など
時代装束に興味のある方、
装束を手にしたい方は、
ぜひお問い合わせ、ご相談ください。

菊理へのお問い合わせはお電話でもメールでも
0532-34-7150  090-2577-0958(近藤ダイレクト)

お問い合せフォーム

現在コメントは受け付けておりません。