【楽器相談】鞨鼓の皮の張替え

菊理は、雅楽楽器の購入やメンテナンス、
修理についてのご相談も承っています。

 

 

今回、鞨鼓(かっこ)鼓面(皮)の
張替えをご依頼いただきました。

鞨鼓は雅楽の演奏の中では
指揮者の役目を受け持つ重要な楽器で、

写真のように美しく彩色された木製の胴を
鉄輪に馬の皮を張った二枚の鼓面で挟み
調緒(しらべお)という革紐で締めるという
締太鼓(しめだいこ)に分類される打楽器です。

(「鞨鼓」は「羯鼓」とも書きますが、ここでは「鞨鼓」と表記します)

鞨鼓は木製の台に横置きに乗せ
紫檀という高級な材料で作られた
二本の撥(バチ)で両側から打つのですが、

年月が経つと皮の締りがゆるくなり、
澄んだ「コンコン」という音が出なくなり
「ベコッ」とか「ポコッ」という
にぶい音しか鳴らなくなってしまいます。

 

今回のご相談は
「鞨鼓が2台あるが、張替えが必要でしょうか」

1台は、昭和16年製のようで購入した当時のまま。
現在はほとんど使っておらず
大切に保管されているとのことですが、
大きな祭事を控え、使う必要ができたとのことです。

 

 

もう1台は30年程前に購入し、
月に1~2回ほど演奏使用しているとのことでした。

この鞨鼓も大きな祭事を控え

最近音が鈍くなってきたので、
皮の張替えや修理が必要かどうか
古い鞨鼓も併せて診断してもらいたいとのご相談です。

早速2台の鞨鼓をお預かりし、
楽器職人さんを交え状態を診断。

古い方は80年ほど経つのにもかかわらず、
彩色も楽器状態もとても良く、
職人さんも「良い使い方をされていたんですね」と
ビックリ顏。

 

 

「今回の祭事にお使いになられるだけでしたら、
(鼓面)張り替えはしなくても、調整だけで大丈夫ですよ」と
職人さんの嬉しい太鼓判。
お客様には状態をお伝えし、このままお返ししました。

 

もう1台は
「よくお使いですね。こちらは調整だけでは難しいですね。」と
やはり張替えが必要とのことで、
お客様に状態の説明、
修理金額と納期をお伝えし、
張替えをすることになりました。

この鞨鼓の彩色は
今ではあまり見ない珍しい意匠で
「良い仕事をされていますね。」と
職人さんも熱心に見入っておられました。

台座の漆塗りもとても上質で、
「今ではこんな、素晴らしい仕事をする職人さんも少なくなりました」
とのこと。

 

 

大切に扱われているのが、よく分かります。
皮を張替えれば、また澄んだキレイな音色を
響かせてくれるでしょう。

 

雅楽の楽器は
一つ一つがとてもデリケートで高価です。
日常的なお手入れと
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

菊理は楽器のお手入れ方法から保管方法まで
丁寧にお教えしています。

楽器の修理やメンテナンスの価格や期間については、
楽器の種類や状態にもより変わりますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

雅楽二重奏「菊理」0532-34-7150

090-2577-0958(近藤ダイレクト)

お問い合わせフォーム

現在コメントは受け付けておりません。