「報恩講」法要奏楽と寺院本堂コンサートをしました 12/3

【報恩講 法要奏楽と

  寺院本堂コンサート】

投稿が遅れましたが、2016年に引き続き、

2017年12月3日(日)に

浄土真宗高田派「願成寺」様の「報恩講」にて

法要での生演奏と、本堂コンサートをしました。

 

 

「雅楽=神社」というイメージが強いですが、

実は雅楽は元々、仏教との繋がりの方が深いんです。

仏教の中でも宗派によっては、

雅楽が法要や儀礼の中で演奏されます。

今回も登壇される際など法要中、生演奏で奏楽し、

荘厳な報恩講となりました。

 

 

「報恩講」は

宗祖親鸞聖人の祥月命日前後に行われる、

浄土真宗の中で最も大事な法要です。

 

 

伝統ある浄土真宗寺院で

雅楽の生演奏と、ご僧侶の読経、

荘厳で、とても心地よい音色が響き合いました。

 

 

また、法要に先立ち「本堂コンサート」にて

雅楽のお話と生演奏をお楽しみいただきました。

豪華できらびやかな寺院本堂は、とても素敵な空間です。

そんな中で演奏出来て、ほんとうに幸せでした。

 

 

「雅楽と仏教の意外な関係」をお話しました。

 

 

 

 

【演奏曲】

迦陵頻

越天楽

陪臚

笙:平調調子

今回は、仏教にまつわる雅楽曲を選曲し、

曲の解説を交えながら、お聴きいただきました。

多くの温かいお客様に 囲まれて 素敵なコンサートになりました!

平成30年の報恩講での演奏もご依頼いただき、

ご住職、檀家の皆様に、またお目にかかれる事を楽しみにしております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

現在コメントは受け付けておりません。

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031