子ども雅楽教室

日本で一番古い音楽と言われる「雅楽」ですが、一般にはほとんど見聞きする機会もなく、雅楽がどのようなものなのか、大人でも知らない方が少なくありません。

2002年度からは中学校の音楽授業で和楽器を取り入れることを学習指導要領に盛り込まれていたり、小学校でも日本の音楽、和楽器を積極的に教材に使うことを指導目標に掲げているにもかかわらず、雅楽があまりにも一般に知られていないことから、教材として雅楽がほとんど取り上げられていないのが現状で、子供が雅楽に触れる機会はさらに少ないと思われます。

雅楽二重奏「菊理」の母体である豊橋雅楽愛好者衆「千里:せんり」は、雅楽に興味を持つ方々の情報交換や定期的なお稽古会「雅楽寺子屋」の開催、更により多くの皆さんに、もっと雅楽を知って頂きたいとの思いから、毎年初夏に豊橋市が開催する「花しょうぶまつり」や、その他のイベントにも積極的に参加しており、次世代を担う子供たちに、雅楽の紹介もして行きたいと考えています。

そこで、冒頭に掲げました子供向け雅楽教室等の開催を、学校や教育機関、子どもに関わる関係方面にご提案申し上げます。