雅楽二重奏「菊理」

日本には雅楽という素晴らしい伝統音楽があります。
雅楽は日本で一番古い音楽で、筝曲、三味線など、現代に繋がる邦楽のほとんどが、雅楽をルーツとします。

「縁結ぶ 神様の音楽」

「菊理」は日本で唯一の夫婦雅楽ユニットで、夫は愛知県、妻は神戸という、まったく違う土地で生まれ育ちましたが、伊勢神宮という最高の神様の下開かれる「雅楽」の学びの場で偶然知り合い、夫婦になりました。
私たちのユニット名「菊理」は、加賀の国、石川県鎮座の「白山比咩神社」のご祭神「菊理媛」様からお借りしました。
菊理媛様は、人と人や、物事をまとめる(括る:繋げる)神様で、私たち雅楽二重奏「菊理」も、雅楽を通じて、世界中のいろいろなものをまとめ(繋げ)ていきたいと思っています。
雅楽は一般的に手の届かない、敷居の高いものと思われがちですが、私たちの雅楽は緊張和らげる音楽で、思いやり、愛にあふれた調べです。
聴く人が心を解き放ち、笑顔になり、温かい気持ちになります。

私たちの雅楽がきっかけで、結婚されたカップルもいるんですよ。

雅楽二重奏「菊理」

楽器の紹介

鳳笙(ほうしょう)

鳳笙(ほうしょう)

奈良時代にシルクロードを渡って伝来。楽器の形が、伝説の鳥「鳳凰」が羽を休めた姿に似ているところから「鳳笙」と呼ばれるようになりました。美しい和音が響き合う不思議な音色は、「天から降りそそぐ光」を表しているとされています。

龍笛(りゅうてき)

龍笛(りゅうてき)

奈良時代にシルクロードを渡って伝来。竹製の横笛で、現代に邦楽として伝わっている篠笛や能管はこの龍笛をルーツとしており、音色は「龍の咆哮」を表すとされています。

楽琵琶(がくびわ)

楽琵琶(がくびわ)

奈良時代にシルクロードを渡って伝来。
日本の琵琶の中では最も大きいが、撥は最も小さい。
穏やかで豊かな音色が特徴。