Gagaku duets “Kukuri”

There is wonderful traditional music as Gagaku in Japan.
Gagaku is the oldest music in Japan, and koto music and a shamisen are most roots of the Japanese music which connects today.

● Gagaku is music of the God who forms a connection.

“Kukuri” is the only conjugal court music of Japan unit in Japan.Husband’s hometown is Aichi-ken and my wife is from Kobe.
Met by chance in learning who was born and raised in different lands will be held in the Grand shrine of ISE “Gagaku”, I got married.

I named our unit name “Kukuri” from the “Kukuri princess” who is a god in “Shirayamahime shrine” in Ishikawa-ken.
Kukuei princesses are a person, a person and the God who binds a matter up.
We’d like also to link the various ones from all over the world to a court music of Japan duet “Kukuri” through Gagaku.

It seems generally difficult for Gagaku. But our Gagaku sympathizes by the music which eases tension, and is the check which flooded love.
The person who hears emancipates a heart and puts on a smile, and it’ll be warm feeling.

Our Gagaku is a trigger and there is a person who got married.

雅楽二重奏「菊理」

楽器の紹介

Sho

Sho

(日本語) 代表の近藤泰史が主に演奏。
奈良時代にシルクロードを渡って伝来し、
楽器の形が、伝説の鳥「鳳凰」が羽を休めた姿に似ているところから
「鳳笙」と呼ばれるようになった。
美しい和音が響き合う不思議な音色は、
「天から降りそそぐ光」を表しているとされている。

Ryuteki

Ryuteki

(日本語) 近藤智佳子が演奏する横笛。
奈良時代にシルクロードを渡って伝来し、
竹製の横笛で、現代に邦楽として伝わっている
篠笛や能管は、この龍笛がルーツ。
音色は「龍の咆哮」を表すとされている。

(日本語) 楽琵琶(がくびわ)

(日本語) 楽琵琶(がくびわ)

(日本語) 奈良時代にシルクロードを渡って伝来。
日本にある薩摩琵琶、筑前琵琶、平家琵琶の中では
最も大型で、力強い豊かな音色が特徴。
撥(ばち)は黄楊(ツゲ)製。
平安時代には身分の高い人々が好んで演奏した、
風格のある楽器である。

(日本語) 和琴(わごん)

(日本語) 和琴(わごん)

(日本語) 日本最古の楽器で、日本固有の弦楽器。
現在、日本でよく演奏される琴(筝)は中国大陸から
伝来したもので、和琴とは構造・歴史・演奏方法も
まったく異なる。
めったいに見ることが出来ない珍しい楽器だが、
その音色は神秘的で、幽遠な世界を醸し出す。

(日本語) 鞨鼓(かっこ)

(日本語) 鞨鼓(かっこ)

(日本語) 鼓の一種で、鞨鼓は演奏の流れを統率する役割を持ち、
打楽器の中では第一位に位置付けられている。
台座に横向きに置き、桴(ばち)で左右から打つ。
鼓胴には金箔や鮮やかな色柄で彩色され、
とても華やかで美術品のような楽器である。