気軽に楽しむ雅楽ワークショップ「寺子屋」を開催 1/28

【雅楽ワークショップ寺子屋で

  和気あいあい楽しく雅楽しましょ】

1月28日(日)13時~16時、

オープンスタイルの

「雅楽ワークショップ寺子屋」を開催しました。

 

 

雅楽ワークショップ寺子屋は、

「気軽に楽しく雅楽に親しんでもらいたい」との想いで、

平成18年から毎月2回開催しており、

前回250回目を迎えました。

 

ここ何回かは毎回、

「見たことないけど、雅楽ってどんなもの?」という方や、

「ちょっとやってみようかな思って」と、

気軽に訪ねてくださる方がみえます。

 

私たち自身が驚いているのが、

会場の三の丸会館でお抹茶を飲みに来て、

偶然聞こえた雅楽の音色に、

軽い気持ちで見学に来られて、

雅楽をやってみたくなって、

その場で楽器を購入し、

そのまま雅楽をはじめられる方が、

思いのほか少なくないことです。

 

 

さて今回、

「笙を始めたい」と訪ねて来られたМさん。

2回目のご参加ですが、

前回、稽古や演奏の様子を見学して、

「笙」をはじめ「ひちりき」や「龍笛」など、

いろいろな楽器を体験。

「やっぱり笙をやりたい」と思われたそうです。

 

 

笙は「天空から降りそそぐ光を表す音色」と言われ、

とても美しい和音が魅力の楽器です。

 

今回は「笙」について、

構造や演奏方法、取り扱い方などを、

熱心に質問されました。

 

笙はデリケートな楽器で、

繊細で慎重な取り扱いを求めます。

 

笙のお稽古で、まず最初に習うのが

「笙の温め方」です。

笙は練習前・合間・練習後にもしっかり温めないと

壊れてしまうんです。

Мさんにも、温める時の手の角度、

指の動かし方やコツなどを

しっかりお伝えしました。

 

 

次回の「ワークショップ寺子屋」は

2月12日(祝・月)13~16時

@豊橋市三の丸会館です。

 

詳細はこちらもご覧ください→

ワークショップ寺子屋

 

 

現在コメントは受け付けておりません。